陰茎増大したら痛い!再手術の必要はある?

陰茎増大で痛みが出る理由

陰茎増大施術をする方の大半が、ペニスが小さいことをコンプレックスになさっていた方でしょう。
日本人の平均サイズは約11センチメートルとなっており、諸外国の方たちと比べると小さいものです。
陰茎増大はペニスを大きくすることができますが、周辺の皮膚はそのままとなるので必然的に引っ張られて痛いと感じるわけです。
この痛いと思う感覚は約1ヶ月前後は続くので、手術を実施する医療機関では必ず、鎮痛薬を処方されるのがポイントになります。
大半の場合が耐えられる痛みとなりますが、あくまでも個人差があるのでなかには耐えられない場合もあります。
その時は担当医に相談をすれば、再手術を実施して緩和をなされることでしょう。
再手術をするときはさらに費用が必要になるので、この点は注意をしましょう。
特に同じ施術で実施するときとそうでない時もあるので、事前にカウンセリングを受けてから判断をすることも忘れてはいけません。

陰茎増大の再手術の方法

痛いという感覚が1か月以上続いた場合は、泌尿器科やメンズクリニックなど先に陰茎増大を実施した医療機関に足を運びましょう。
再手術を受ければ痛いと思う感覚を除去することが可能です。
中には別の医療機関を受診される方もいますが、この場合だと実際にどのような陰茎増大をおこなったのか判断ができないものです。
再手術は必ず同じ医療機関で実施するようにしましょう。
具体的な陰茎増大の再手術の方法を見ていきますが、多くの施設でヒアルロン酸の注入をなされるものです。
陰茎増大の場合、注射器を使用して皮下部分にヒアルロン酸を入れるのが現在の主流です。
そのため再手術でも同じ手技を用いて、形を整える程度と理解をしておくといいでしょう。
約5分程度で終わるので、陰茎増大の施術時よりも非常に短時間で終わるものです。
アフターケアは陰茎増大の時と同じで、一週間前後は行為を避けて入浴もシャワーを浴びる程度にしておきます。

まとめ

陰茎増大を実施して、激しい痛みが一か月以上も続くという方がいます。
それは皮膚が引っ張られることで発生しているので、陰茎増大の再手術をおこなって痛いという感覚を緩和すると良いでしょう。
ヒアルロン酸を注入するだけで形を整えられるので、約5分前後で再手術は完了します。
この方法を実施する時は、陰茎増大をおこなった同じ医療機関にいかないといけません。
担当医としっかりと相談をしたうえで決定をして、適切な対処をしましょう。

コメントを残す