陰茎増大をしたら突っ張り感があって痛い。 緩和方法は?

陰茎増大後によくある痛い

陰茎増大をした後に起こる痛みの一つが突っ張り感です。
これはけっこう多くの人が感じているものですが、突っ張り感があるからといって特に直ぐに再手術が必要になってくるものでもありません。
そもそも陰茎増大後にどうして突っ張り感が生じるかはメカニズムもよく解明されていませんが、陰茎増大のために筋肉がつっぱられているために生じるのだとする説が有力です。

いずれにしても陰茎増大後の突っ張り感は不快であることに違いがありません。
もしも突っ張り感が生じたら冷水につけるのが効果的とされていますが、これも人によってかなり効果に差があります。
他に一日したら勝手になくなったといった体験談もあります。
基本的に大問題になるというわけでもないので一日程度は放っておいても良いでしょう。

軟膏を塗ったら治ったといった声も。
とはいえ、軟膏を塗るのはあまりお勧め出来ません。
変に痒くなってしまったりすると大変です。

数日続く場合には医者に見せる

こうした痛い症状が数日続いたらやはり本格的な対処が必要になってきます。
数日も突っ張り感や痛い感じが亡くならない場合には、担当医師に話して対応してもらって下さい。
この際、追加費用がかかるかはケースバイケースです。
基本料金にこうしたアフターケアも入っていることがありますが、この点も初期相談の際に確認しましょう。

この突っ張り感だけでなく他の痛みが生じることも。
例えば、変な痒みが生じるというケースも多くなっています。
痒みがあるからといってかいてはいけないもので、痒みがある際にはやはり放っておくのが最善です。
もしも痒みが引かない場合にはしっかりと医者に見せましょう。

いずれにしても陰茎増大をしたらそれでおしまいということでもなく、しっかりと医者の指示を守って維持管理をすることも大事です。
特に風呂に入ってはいけないですし、辛いものなどを食べると問題になることもあるので、用心しておいて下さい。

まとめ

陰茎増大をした後に生じる突っ張り感は厄介なものです。
そこまで大きな問題ではないですが、場合によっては医師の対応が必要になってくることも。
もしも数日経っても痛みがあるようならばやはり医者に見てもらって下さい。
他にも色々と陰茎増大後に思わぬトラブルになることもありますから、しっかりと対応してもらって下さい。
もちろん、こうしたトラブルを回避するためにもしっかりと指示をよく守ることが大事になってきています。

コメントを残す